2023年 01月 20日

恵庭の家

12月上旬〜中までは大工さんが抜けていました。

12月中〜12月末
大工工事が再開しました。室内では、気密シート0.2貼り→石膏ボード貼りを行い。屋外ではカラマツ外壁貼りを行なっています。下地材から仕上げ材に変化していくこの瞬間。とても楽しくなります。石膏ボード貼りが完了し気密測定を行いました。結果は、0.2と素晴らしい結果となりました。気密性が良すぎて何度も測定機械がエラーになりました。大工さんの地道な積み重ねの集大成が素晴らしい結果となり、大工さんも嬉しそうでした。有難うございまいした。

中標津ガレージハウス

12月12日
上棟式で中標津へ訪問しました。多くの協力関係業者さんが参加した盛大な上棟式でした。安全・無事故で工事を進めていく事を皆さんで決意しました。大工工事はこの日のために、屋根と外壁タイベックシートまで完成させてくれました。大工のご尽力に感謝いたします。

12月14日〜16日
シート防水を行いました。イーアステックさんが札幌、旭川よりきてくれました。弊社中標津シート防水施工は、3件目です。いつも遠くから有難うございます。安定のチームワークでシート防水を仕上げていきます。私は完成までは立ち会えませんでしたが、施工写真を送って頂き確認しました。

12月24日
内部グラスウール入れ、木下地組立作業が進んでいます。

設備工事(暖房、電気、給排水、換気)がはじまりました。本日は現場で換気扇、スイッチ、コンセントの取付位置をお施主様と現場確認し微調整しました。追加でコンセントが欲しい場所など確認しました。

清田の家

11月より始まった解体工事、解体前の住宅で最後の思い出にとK君が壁に絵を描いていました。とても可愛らしく癒されます。そして、解体当日の朝、現場に入るとお施主さまからメッセージが壁にあり心温まりました。皆様のご期待に添えるよう、しっかりと取り組んでいきます。解体終了後、やり方出しを基礎業者に行って頂きました。ついに雪がふり始めました。

解体工事終了後、根掘り工事を行い、仮設足場で基礎を覆う上屋を組み立てを行いました。その後、鉄筋組立作業を行い1回目のベースコンクリート打設を行いました。コンクリートは寒中コンクリートを打設しました。養生温度は、5度以上確保できる様、採暖養生を実施しました。現場訪問を数時間ごとに訪問しサーモグラフィで温度確認を実施しました。

基礎立上がり部分の型枠組立を行いました。型枠組立後、アンカーボルト設置を行いました。2回目の立上がりコンクリート打設前に、型枠検査を実施しました。型枠を実測し基礎図面との照合、アンカーボルト設置寸法及び箇所の確認を行い是正指示をました。検査終了後、コンクリート打設を行いました。打設終了後、基礎天板にレベラー(セルフレベリング)で打設後の天板にレベラー材を流し基礎の天板を水平にしました。この部分に木造の土台がのります。基礎レベラー参考hp

レベラー終了後、透湿防水シートで基礎天板養生を行います。採暖養生をしていると、仮設足場上屋から水が落ちます。落ちた水が基礎にダメージを与えない様に、保護します。そして、シートで型枠を覆う事でコンクリートの保温性がまします。採暖養生を実施します。養生温度は、5度以上確保できる様、採暖養生を実施しました。現場訪問を数時間ごとに訪問しサーモグラフィで温度確認を実施しました。年内の作業はここまでです。採暖養生で年越しをしました。しびれる寒むさの中大変ではありましたが、暖房の明かりでてらされる基礎養生空間が綺麗でうれしくなりました。