2022年 03月 13日

北広島 長期優良住宅化リフォーム

8月中〜9月中

お盆あけから、2階部分の解体作業が始まっています。構造的に不安定と考えられた2階部分を解体していきます。既存住宅が解体され、ほぼスケルトンになりつつあります。そこに住まわれていた建築主様にとっては、とても寂しい瞬間です。私達にできる事は、より良い住宅にする事です。解体すると、恐ろしい光景があらわになります。雨水が入り、梁の形がなくなっている部分がありました。9月上旬より作業場では大工さんが増築する部分の加工を初めています。9月中旬から、現場で建て方作業が始まりました。

長沼 店舗兼用住宅

8月中〜9月中

お盆前より建て方スタートしました。猛暑が続く北海道、現場は森に囲われた敷地のため、風が抜けない状況が続いており大工さんもまいっています。少しづつですが骨組みが立ち上がっていきます。この瞬間がとても建築士として楽しい時間です。床下空間の配管をこのタイミングで行います。グレー色の配管は、排水管です。青と赤の配管が給水・給湯配管です。その後、外壁にOSB合板はり、付加断熱のセルボードt75はりを実施していきます。OSBで覆われると建築空間が生まれ、想像しやすくなります。この瞬間も楽しい瞬間です。想定していた光の状態を体験確認を行っていきます。9月20日にシート防水を実施しました。これで、室内への雨水侵入を防ぐ事ができます。