2022年 05月 25日

北広島 長期優良住宅化リフォーム

10月21日
既存と新設部分の構造金物補強を行なっていきます。柱脚・柱頭にはL型金物補強、梁と梁の接合は、短冊金物で補強を行なっていきます。

10月22日
増築部分の気密シート0.2貼りのビニール重ね状況を確認しました。

10月25日
ユニットバス組立作業が行われています。

10月27日
外壁の唐松下見板張りが進んでいます。

11月2日
気密測定を行いました。
結果は、C値 0.6㎠/㎡でした。

11月8日
コスト削減のため、施主によるDIY煙突工事です。本間製作所のシングル煙突を弊社が手配し、お客様と協力して煙突をたてました。趣味程度の薪ストーブのため、シングル煙突を採用しました。

11月11日
遂に外部足場が解体され、外観があらわとなりました!最高の瞬間です。既存骨組みを活かしながら、不安要素となっていた、構造体の集中荷重を解消し、再構築しました。まったく違う姿となりました。


11月21日
化粧砂利敷き込み、外部設備計器、排気筒、ガスメーター取付が完了しました。

11月26日
内部清掃が終了し、今ままで養生に隠れていた土間コンクリートが露出され、一気に雰囲気が変わります。目指していた新旧の調和が、想定以上に良い感じに仕上がりました。

長沼 店舗兼用住宅

11月12日
浴室のFRP防水工事が行われました。ラワン合板の上にFRP防水仕上げ木目が美しい。隠れてしまうのが残念ですが、タイルでしっかり仕上げます。内部は石膏ボード貼りが大詰めです。外部では、カラ松下見板張りが進行しています。

11月17日・18日
店舗スペースは、EP塗装仕上げ。その下地となる石膏ボードをパテ処理していきます。住宅部分のタイル工事が始まっています。名古屋モザイクのショールームで、楽しみつつも悩み決めたタイルが貼り上がっていきます。タイルは空間の質を変えます。貼り上がりが今から楽しみです。

11月25日
店舗部分のワークスペースラワン合板仕上げが終了しました。ラワン合板の木目が美しいです。タイル工事も大詰めです。浴室タイルが美しいです。住宅部分の内装工事は下地パテ工事が始まっています。仕上げは本漆喰です。外壁の唐松板貼りが貼り上がり、ファサードが見えてきました。


11月30日
店舗部分のEP塗装が終了しました。玄関ドアのダークグレーと白色EP塗装がパキッと空間を引き締めます。店舗と住宅の中間部分の玄関室内は唐松板貼りとしました。屋外の唐松板を室内にも使用します。ざっくりとしたアウトドアスペースとなります。

12月8日
内部清掃が終了し全貌が明らかになります。この瞬間のために建築を頑張っています。空間、素材、色が調和する瞬間です!良い感じに仕上がりました!



中標津の家

11月より基礎工事がはじまりました。杭打設、根掘り作業を進めています。水位が高い地域のため、設計GLを高めに設定しました。最終的な仕上がりは現状地盤より300〜400程度高くなる予定です。

11月19日
基礎工事がはじまり、鉄筋組立てが完了し配筋検査に訪問しました。基礎業者は2017年に吉川商店店舗兼用住宅新築工事の時にお世話になった基礎業者さんで、しっかりとした基礎を作ってくれるサンエフさんです。鉄筋の間隔、太さ、配置、寸法、実測確認を行いました。問題ありませんでした。


鉄筋確認後、直ぐにベースコンクリート打設を行いました。気温低下が予測されるので保温するために、ブルーシート養生を実施しました。