2022年 07月 30日

中標津の家

2月21〜23日
内部床モルタル工事を行うため床清掃を実施しています。

2月25日
内部床モルタル工事を行いました。

2月26日〜3月10日
外壁唐松板貼り工事を行なっております。外壁は、樹脂サッシの存在を消す納めとなっています。

<外壁貼り方の特徴>

  • 樹脂サッシの枠部分に外壁唐松をかぶせ、樹脂部分を可能な限り見せない
  • 万が一ガラスが割れた時に、外壁を壊さすにガラス交換も出来きる
  • コーキングメンテナンスを行わなくて良い
  • 上記を行う事で、サッシが外壁より奥に入り外観が奥行きと陰影がある特徴ある仕上りに

内部では、気密シート貼り及び窓周り気密処理が行われております。

南郷の家

3月1日-5日
石膏ボード貼りが終了し、各造作材取付、巾木取付が行われています。階段はスチール手摺となり、納品時にはグレー色の錆止め塗料が施されており、現場取付後、艶消し黒塗装を行いました。グレー・黒・白をテーマに内装カラーを選定しています。黒色が空間を引き締める事を期待しています。階段組立も終了しました。自然塗料プラネットカラーアーキグレーを塗装しました。くすんだグレーが落ち着いた印象をあたえます。同じグレーでも、素材により表情が変わる事が空間を和らげるポイントです。全てがビニールの様にパキッと仕上がると空間が固くなってしまいます。

3月8日〜
内装クロス工事がはじまりました。下地となる石膏ボードのつなぎ目パテ処理を行っていきます。パテ処理が終わるといよいよクロス貼りがはじまります。少しづつ仕上がる空間にワクワクします。