更新が遅くなり申し訳ありません。近日公開します。

コンセプト

建築地は長沼町です。土地の面積は100坪あります。近隣の住宅も同様に100坪ある事から建物と建物の距離感は十分確保されています。道路を挟んで向かいに町営住宅があり人の出入りが多い事から、町営住宅〜道路〜ガレージ棟〜住宅、ガレージ棟を間に入れプライバシーを確保しています。住宅棟は“開・閉”の組み合わせで構成されます。玄関→水回り→リビング→水回り→玄関 ラウンド動線で室内をつなぎあわせます。そのつなぎ合わせる動線の中で高さの変化・視線の変化が行われ開放と閉鎖を生み出します。1階の変化が2階の空間の変化を生み出しスッキプフロアーとなっています。2階も同様に開放と閉鎖を生み出しています。閉鎖は開放を生み出し、延床面積以上の空間の広がりを出す効果を狙っています。

エネルギー

電気(照明+IH)〜月平均10,000〜12,000円程度  冬季2月〜3月平均
石油(暖房+給湯)〜灯油 18,000円 2ヶ月に1回給油

照明器具〜LED採用
高効率ボイラーをエコフィールを使用

断熱には経年変化で断熱性能が変化しないセルボードを使用しました。
セルボード
断熱サッシと省エネ等級4を最低限確保し建物のボリュームを33坪かつ
天井高さを押さえ空間体積を減らしエネルギー消費量を減らす建築計画としました。
太陽光を建築計画でコントロールし穏やかな光を確保しました。
冬は「暖かく」夏は「涼しい」を実現しています。

使い勝手を考慮したコンパクトプラン、光をコントロールする建築計画で
省エネルギーは実現できます。弊社でも勿論フルスペック高断熱を目指せますが
クライアント様のご要望の優先順位を考えコストコントロールした建築を
行っています。

仕様

  • 所在:長沼町
  • 世帯:夫婦+子供1
  • 用途:住宅
  • 種別:新築
  • 構造:木造枠組壁工法
  • 規模:112㎡
  • 階数:2階
  • 断熱外壁:外張りEPS-特号 t=100mm
  • 断熱屋根:外張りEPS-特号 t=200mm
  • 窓:高断熱樹脂サッシ 複層ガラスLOW-E アルゴンガス入り
  • 換気方式:第3種換気システム
  • 給湯方式:高効率石油給湯ボイラー エコフィール
  • 暖房方式:高効率石油暖房温水式ボイラー エコフィール セントラルヒーティング
  • 照明器具:LED省エネ照明器具
  • 外壁:ガルバリウム鋼板立平葺き
  • 屋根:ガルバリウム鋼板フラットルーフ雪止め無落雪屋根
  • 内装壁:ビニールクロス
  • 内装天井:ビニールクロス(1階)、構造体表し(2階)
  • 内装床:北海道産ナラフローリング 蜜蝋ワックス
  • 竣工2016
  • 撮影永田 大